読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルダのダ~2ndシーズン~

駄文を連ねることしかできない

20170319の日記

今日は、ESを書いた。そろそろ1日1社のペースで書けるようになっかと思ったけど、4分の3ほど書き終えたところで、心がぽっきり折れた。

一度折れてしまうと、次の日までは治らない。

のんびりしよう。

 

ESで多少は夢を語る必要があるので、自分の夢について考えた。ここ数日、夜に見る夢は昔の嫌な思い出の延長でしかない。目を開いてみる夢は、ここ数年は見られていない。昔は、四六時中、夢ばっかり見ていた気がするのに。とりあえず、他の人の夢を叶えるお手伝いをするのが夢です。と答えておいた。これは夢というより声優オタクに必須の素質だと思う。自己を捨てろ。お前は声優の財布であり、玩具であり、踏み台だ。

それでも、声優以外の人間が夢を叶えるのを手伝えた時は、嬉しいなぁと思うので、嘘をついたわけではないと思う。

 

健常者は存在が薄い。と、シオランが言っていた。存在することに生命を賭していたボクが、健常になることは無理そうだ。とにかく存在に無関心でいなければならない。健常者に近づいていきたい。烏丸千歳への執着を捨てなければならない。春日未来は、もうボクの中に立ってはいられない。戸山香澄は星の鼓動の記憶を忘れるべきだ。

 

これからは生きていくんだ。

 

生きていくには存在を捨てなきゃならない。

 

ユーフォニアムみたいに本当の特別になりたいとまで叫ぶつもりは無かったけれど、ガーリッシュナンバーの偽物でも、代用品でもいいから一番になりたいという思いぐらいは叫んでいたかった。人間はアニメキャラじゃない。アニメキャラは存在できるけど、健常な人間は存在ができない。

 

そんなこんなで、もう寝る時間だ。明日はディズニーシーに行って、就活でボロボロになった心を癒したい。

 

おやすみなさい。