アルダのダ~2ndシーズン~

駄文を連ねることしかできない

20190115の日記

今日は起きてまずアニメを見た。

 

みにとじは安定して面白いアニメだと思う。

どろろも原作が3巻しかないし、ダレる心配がなくていい。楽しんで見られそう。

ぱすメモは元ネタになる作品によっては化けると思う。ボクは武装少女マキャヴェリズムの世界を守る回が見たいです。パンでピースでもいい。温泉幼精ハコネちゃんも守って欲しい。現実でもウイルスに犯されたのかボクしか話をしていないので。

転スラは、まあ、うん。面白い。

モブサイコは、まあ、うん。面白い。

 

その後、何となくディズニーシーにいって、何となく帰ってきた。

いつもなら山崎はるかさんに手紙を書くところだけど、なんだかそんな気分にならずにそのまま帰宅した。

山崎はるかさんが最近は遠く感じる日が多い。あんなに近かったのにな。

山崎はるかさん、結婚してください。ボクは本気ですよ。

 

生活ができないけど、生活をしないといけないのしんどい。

とにかく明日のバイトに行きたくないし、行ったとしてもお金が足りないので、どうしようもない。

 

早急な自殺の道を探るしかない。

 

その念がまた出てきた一日でした。

 

 

山崎はるかさん、もういいですか。

茶漬け

さらさらと人生が流れています。

人生の味わいを全て無視して胃に流し込むと、すごい勢いで人生を消費できます。

ボクはそれがまだ出来ていないので、人生がとても長く感じます。無為に過ごしているのに半端なく人生が長い。これは本当にビックリします。

すぐに何かが出来るようになるわけではなくて、日々の努力の積み重ねが大きなことを為すのはわかっているのですが、日々努力しようにも生活が邪魔をして努力をする時間がないですね。

生活は努力の敵。これは肝に銘じておきましょう。つまり、努力をしているやつは基本生活が出来ていないはずなので、まともに生活できている人間は基本サボっています。これも覚えておきましょう。ボクはまともに生活できていないのに、努力もしていません。これは、ボクだからなんとかなっているので、真似をしないようにしましょう。

 

雨が降ってきました。洗濯物が濡れますが、寒いのでそのままにしておきます。いずれ乾くので濡れても一緒。いずれ死ぬので多少病気になっても一緒。

 

いつか死ぬのか……。

山崎はるかさん、結婚してください。

 

嘘をついて生きています。

ボクはかなり嘘をついて生きていくことが好きで、現実なんて嘘で全部曖昧にして塗りつぶされてしまえばいいと思います。

まあ、無理なんですけど。

 

それでも、自分に関わることはいくらでも嘘がつけるし、嘘がバレても信頼は無くしますがそこそこ楽しく生きていけます。

ある種の障害を持つ人が本当のことを言っても信頼がなくなる時は無くなるので、長期的に見たら嘘をついた方が得なのかもしれません。バレなきゃ信頼は無くならないしね。

 

嘘をついていると何が本当なのか自分でもよく分からなくなってきますが、面白い方を魔選べばだいたいまちがっているので、面白いほうを選びましょう。生活の知恵です。

 

生活。生きて活動すること。無理。

 

眠ることしかできない。

眠ることすらできない。

だから今日も無意味な嘘を撒き散らして生きているのです。

生きていることが嘘になるその日まで。

僕らは救われている

僕らは救われている。

僕ら以外の誰かによって。

誰かの歌かもしれないし、誰かの言葉かもしれない。誰かの顔かもしれないし、誰かの声かもしれない。

でも、自身以外の誰かに救われて生きている。

それが、途方もなく、苦しい。

 

どうしようもなく救いの巣食うこの世の中でみなさんは、誰かに救われていますか?

救われているのなら、今すぐ死んで救う側に回りましょう。

救われるばかりの生活から、ボクが救ってあげますよ。もう死んでいるので、ボクは人を救うことができます。

 

怖がらないで。

 

 

目を閉じて。

 

救いを。

 

雑念

程よく性欲の高まりを感じる季節です。

寒いのでとにかく人肌が恋しくなりますよね。

生まれてこの方、人肌で温まって冬を越したことがないのですが、それでも人肌で温まるのは気持ちよさそうに思えます。

多分一生無理なんだと思うと、本当に憧ればかりが募りますね。実際にやってみたらそんなに気持ちよくはないんでしょうけど。

 

わりとボクは性欲を隠さないでTwitterをやっていますし、女の子(山崎はるかさん以外)にリプライを送る時は下心MAXで送っています。わりとブロックされることも多いですが、性欲を隠してただただ無難なリプライを送る方がキモいと思うので、今日も下心のあるリプライを送るのです。

今年の冬を暖めてくれる女の子をいつでもアルダは探しています。何卒よろしくお願いします。

 

それはそれとして、山崎はるかさんの髪の色が、本当にボク好みで眠れなくなっています。

本当にボクのお嫁さんは美しいな……と思います。いつか、直接伝えられればいいな……。ボクはまだ弱いのでキミに直接好きだと言えていません。言うべきかも勇気を持って判断できないのです。それでも、抑えられない好きが溢れてしまうから、時たまキミのことを思って空を見上げてしまうのです。

ソラとウミのアイダには何がある。山崎はるかさんのことを考えているボクだけが立っています。

山崎はるかさん、結婚してください。

それでは、おやすみなさい。

ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディを見ました。

割と期待して見に行ったのですが、あんまり刺さらなかったです。わりとバンド解散の危機(これはペットのジジ)の描写に既視感があったり、フレディ・マーキュリーの心理描写があんまりよく分からなかったり、いろいろでちょっと入り込みきれませんでした。

でも、最終的に善き思想、善き言葉、善き行動を父親の前で示したシーンはちょっと感動しました。とことん家族の絆に弱いタイプの人間です。そういうとこだぞ。

あと、やっぱりパフォーマーとして生きて、パフォーマーとして死んでいく彼の姿には、少しカッコ良さを感じました。ボクも人生をパフォーマーとして消費していきたいと常々考えているので、最期までパフォーマーであり続けた彼の美意識の描写はとても良かったと思います。

ただ、音楽への思い入れがなかったというのと、ヒット曲のかかるタイミングがあんまりストーリーと関係がなかったので、ミュージカル的な相乗効果を期待して見に行ったボクとしては少し物足りなかった気もします。いや、むっちゃいい曲だとは思います。

それでも、見終わったあとはライブ行きてぇとなったので臨場感は抜群でした。演者はいつ死んだり、引退したりするかわからないので楽しめるうちに楽しんでいきましょう。今村彩夏さんをもう一度なんらかの形で応援できる日を夢見ています。

 

ウィンドウショッピングをしていると

自分よりも君に似合いそうな服を探してしまう。

そういう時に、ボクはキミのことが好きなんだなぁと意識できて、何より幸せな気持ちになります。

山崎はるかさん、結婚してください。